大学院を目指す方へ

GPとは?

各大学・短期大学・高等専門学校等(以下「大学等」とします。)が実施する教育改革の取組の中から、優れた取組を選び、支援するとともに、その取組について広く社会に情報提供を行うことにより、他の大学等が選ばれた取組を参考にしながら、教育改革に取り組むことを促進し、大学教育改革をすすめています。この「優れた取組」を「Good Practice」と呼んでいます。これは、近年、国際機関の報告書などで「優れた取組」という意味で幅広く使われており、諸外国の大学教育改革でも注目されている言葉です。なお、この言葉を略して、「GP」と呼んでいます。 GPのうち「特色ある大学教育支援プログラム」と「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」をそれぞれ、「特色GP」、「現代GP」と呼んでいます。

理工学部の丁寧な教育
理工学部では、特色GP、現代GPの3つのGPを同時に実施!

    大学教育GP 2009年度 [理工学部]

    特色GP 2007年度採択 [理工学部]  [短期大学部]

    現代GP 2006年度採択 [理工学部]

理工学部の特色GP(平成19年度採択)「未来博士工房による自律性と創造力の覚醒」についての記事が蛍雪時代(旺文社)2月号に4頁に渡り掲載されました。学生諸君の楽しい体験談も載っています。
是非ご覧下さい。記事の詳細こちら